我が家のエアコンの洗浄について

8月 19th, 2014
by admin

エアコンを稼働する前に気になるのが、エアコン内のほこりなどです。そこから、送風されるわけですから、ハウスダストやらが混じっていたら気分が悪いですね。我が家は、エアコンのまわりをざっと拭いたり、掃除機でほこりを吸い取った後、フィルターをはずして、掃除機をかけ、その後お風呂場で洗浄しています。そうすることで、変なくしゃみが出ることもなく、快適に使えています。たまに、面倒でそれを怠ってスイッチを入れると、やはりほこりが舞っているのが見えたり、くしゃみの連続ということもありました。うちは小さな子どももいるので、清潔を心がけています。アレルギーやぜんそくなども、身近に多くなるべくアレルゲンとなるものは、取り除いてあげたいと考えております。特に主人が、年じゅう花粉やほこりのアレルギー症状で苦しそうなので、遺伝するかもしれないので、なるべくほこりの除去には気をつけています。


エアコンの洗浄について

エアコンは、真夏や真冬などによく使われます。見た目は汚れていなくても中のフィルターはとても汚れています。だから、定期的に洗浄する必要があります。掃除するためには外のカバーを開け、中のフィルターを取り出し、それを綺麗にするだけです。しかし、一見簡単そうに見えますが、このフィルター自体にしつこい汚れが残っていてなかなか大変です。そのような時には、エアコン洗浄を仕事としている人に頼み、掃除してもらいます。少々値段はかかりますが、女性の一人暮らしなど、どうにも手が回らない場合には利用するといいと思います。掃除しないで利用していると、フィルターから埃が発生してそれが送風口から出て、空気中を舞い、ハウスダストやそのほかのアレルギーの原因になることもあります。子供のいる家庭では特に注意する必要があります。


エアコンの奥まで綺麗になる業者の洗浄技術

エアコンの吹き出し口はどうしてもカビが生えてしまいます。手が届く箇所や細い器具などを使って拭き取ればある程度のカビを取る事はできますが、奥の方や内部全体のカビはどうしても取る事ができません。市販で売られている洗浄スプレーを使用しても全てのカビを取る事はできず、少しの間だけカビの臭いを軽減する事しかできません。業者にエアコン洗浄を頼むと価格は高いですが特殊な機器を使い綺麗にしてもらえます。汚れが飛び散らないようにビニールシートを使い囲って作業をしてくれるのである程度のスペースが確保できていれば周りに物があっても作業をしてもらえます。作業時間もそんなにかからないので待ち時間も少なくて済みます。何より目では見えない奥の部分まで綺麗にしてもらえるのでカビ臭い事もなくなりやって良かったと思えると思います。

Comments (0)

No comments yet

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です